読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怠惰・単調・退屈

つまらない人生の記録です。

気楽に生きる

ネガティヴ思考なのか、ポジティヴ思考なのか、自分でもよくわからなくなる時がある。
決して前向きではないのだが、そこまで悲観的でもない。希望はないけど、絶望もしていない。「なんとかなるさ」ではなくて、「なるようになるさ」という感じ。


まぁ、単に俺はナマケモノなんだと思う。既にいろんなことを諦めて生きているし、極端にいえばもう何もかもどうでもいいっていう気持ちで日々暮らしているような気がする。

そうなるとネガとポジの境界はだんだん無くなってくる。自分の存在なんて路傍の石のようなもんなんだと思うようになる。あらゆるものに対する執着が無くなってくる。

ハッキリ言って人間としては確実にクズだと思う。
こういう考え方で生きていると、情熱とか向上心とか多くの大切なものを失っていき、生産性の低い役立たずになっていく。仕事はできない、金はない、頭も悪い、完全に国のお荷物だ。


だけど、気楽に生きるってこういうことなんじゃないだろうかと最近思う。まっとうな人間、立派な人間っていうところからはどんどん離れていってるけど、それももう仕方ないなと。肯定できるもんではないけど、別に否定もしなくていいやっていう。そうなると、自分のなかで息苦しさが少し和らぐ。



だらだらと一人で酒を飲んでいて、こんなわけのわからないことを考えていた。今日も何とか一日生き延びた、良かった良かった。

おやすみなさい。