読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怠惰・単調・退屈

つまらない人生の記録です。

警備員の月収

二ヶ月以上働いて実際に給料もらってみて、そんなに悪くないのではないか、というのが正直な感想。

底辺労働の経験しかないから麻痺しているだけかもしれないが、技術も資格も持たずなんの取り柄もない自分のようなクズ人間にはじゅうぶんかなと思う。





以下、今月の明細より。


出勤日数…25日

出勤時間…189時間

残業時間…3時間

基本給…165375円

交通費…8100円

特別手当…1095円

残業手当…3282円

雇用保険…ー889円


総支給額…173343円





社会保険は無しで、田舎の警備員の収入なんて大体こんなもんじゃないだろうか。
休日は日曜日のほかに第二・第四土曜が休みだったり、雨で当日に中止になったりで月に5、6日くらい。残業はほとんど無しで、逆に定時より早く終わることもしばしば。
今のところ割と近場の現場が多く、通勤時間も片道20~30分程度で済んでいる。


仕事内容については、今まで経験した仕事のなかでも一番楽かなと感じている。

もちろん人それぞれ感じ方は違うだろうし、会社によっても違うだろうし、地域によってもまた色々事情が変わってくるだろう。
ただ、この数ヶ月自分が働いてきた限りでは凄く辛いとか苦しいとか思うようなことはなかったし、特に不満等も浮かばない。

なにより同僚がみな本当に良い人ばかりで、怒鳴り散らしたりすることなく一から丁寧にひとつひとつ教えてもらっている。何だかんだコレが一番大きい、やはり結局は人間関係だ。
あとコレに関しては正直驚いたというか予想外だったんだけど、業者さんも意外とみんな優しい。
どこの現場行ってもフランクな感じで、無駄話なんかもちょこちょこしていて、差し入れもしょっちゅう貰う。ウチだけかもしれないけど。



とりあえずこんな感じで、今のところ順調に警備員生活を送っている。
今後もずっと仕事を続けていくかどうかはまた別だけど、ほぼ無一文の状態からまともに生活できるようになっただけでも良かったかなと。

まぁ、余生のつもりで気楽にやっていこう。
人生なるようになるさ。