怠惰・単調・退屈

つまらない人生の記録です。

世界樹の迷宮Ⅱ 諸王の聖杯

f:id:kk27tt5665:20160517095701j:plain




DSの名作ソフトを買って安く手軽に楽しもうということで、昨年の幻想水滸伝ティアクライスソーマブリンガーに続いて、今回また新たに三本購入。

マリオカートはもう説明不要の名作。他二本は評判が良いのに加えて、やはり値段が安いのが決め手となった。









f:id:kk27tt5665:20160517153918j:plain





で、とりあえずまず初めに手をつけたのが世界樹の迷宮というゲーム。

製作元のアトラスという会社は何となく名前だけは知っていたけど、個性的というか、クセが強いというか、なんだか取っ付きにくそうだなと勝手なイメージを持っていた。



が、しかし!
プレイ開始から一週間、完全にどっぷりハマってしまった!これは面白い!


ストーリーや演出などは抑えめで、あくまで淡々と地味にゲームは進んでいくのだけど、そのぶんゲーム性が奥深く、難易度も高めで非常に歯応えがある。
ダンジョンに潜って、少しずつ進んで、街に戻ってからまたダンジョンへ…ただただずっとこの繰り返しなのに、気が付けば止まらなくなる中毒性がある。


実は年末年始にもSFC風来のシレンを引っ張り出してきて、寝食を忘れるほどに夢中になったのだが、このソフトも同じ雰囲気が漂っている気がする。

ハマりすぎるとヤバイ、危険だ。



今月末から期間工生活が始まるので、程々に、節度を持って楽しもう。

まぁでも、結果的には今回も大当たりといえる。
マリオカートもあるし、FFもあるし、これで多分寮に入ってからもしばらく退屈しないかなと思う。



しかし、DS処分しなくて本当に良かったなぁ。
しばらく経ってからこんな傑作に出会うなんて予想だにしなかったし、何が起こるかわからないもんだね。